社会福祉法人 堺福祉会 ハートピア堺

ハートピア堺ブログ 詳細

車椅子の種類

  • FILE-0000001299.jpg
  • IMG_0174.JPG
  • IMG_0167.JPG
  • FILE-0000001299.jpg
  • IMG_0174.JPG
  • IMG_0167.JPG

特養3階介護スタッフです。

車椅子といっても様々な種類や機能がありますが、皆さんはご存じですか?
実はご家族や地域の方からもあまり知られていないかも…とのご意見をいただきましたので、今回は特養3階で使用されている車椅子についてご紹介していきたいと思います♬

まず自走用の車椅子です。こちらは実際に見たことや体験したことのある方も多いのではないでしょうか?
操作方法はハンドリムを使ってこぐのが一般的ですが、しっかり足を地につけ、足の力を使て自走される方もいます。
ご利用者O様は左片麻痺がある為、左足をフットサポートに乗せ、右足でしっかりと自走されています。
「もう慣れてるからね、運動にもなるし」と笑顔で話されていました(^^♪
ブレーキが届かないので、写真のように長い筒を使って届くように補助しています。
この車椅子は、ひじ掛けを下げたり、足元のフットサポートを外すことができます。この機能により車いすからベッドや椅子に移る時に、足元などが引っかからずに済みます。

そしてティルト式とリクライニング式車椅子です。こちらはあまり聞き馴染みのないかもしれません。
座面と背もたれが連動して倒れる機能を「ティルト」といい、背もたれのみが倒れる機能を「リクライニング」といいます。メリットとしては、倒れることによりお尻や太ももにかかる体重を分散できます。
長時間の座位が保てない方でも、この機能を使うことで安楽に座ることができますよ(*^-^*)

ご利用者に合わせた車椅子で、日々の生活がより豊かになりますように☆

記事一覧へ戻る

© HEARTPIA SAKAI Co.Ltd. All rights reserved.