社会福祉法人 堺福祉会 ハートピア堺

ハートピア堺ブログ 詳細

ヒートショック

  • .jpg
  • .jpg

こんにちは、特養の看護師です。

暖かい部屋からトイレやお風呂に行くと、温度差に震えてしまうことありますよね。
この温度差が、ヒートショックを引き起こす原因になります。

ヒートショックとは、家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすことです。

お風呂場での発症が多いことから、次の事に注意が必要です。
①入浴前後に水分補給する。
②食後1時間以上時間を空けてから入浴する。
③お酒を飲むなら入浴後にする。
④お風呂場の脱衣場などを暖め、部屋間の温度差をなくす。
⑤お風呂のお湯はぬるめで(38~40℃程度)入り、徐々に温める。
⑥長湯をしない。

トイレにも小さな暖房器具を置くのもいいかもしれません。

寒い日冬はこれからです。身体にはお気を付けください。

記事一覧へ戻る

© HEARTPIA SAKAI Co.Ltd. All rights reserved.