社会福祉法人 堺福祉会 ハートピア堺

ハートピア堺ブログ 詳細

忘れる瞬間

  • OIPG6ZXGM2X.jpg
  • OIPG6ZXGM2X.jpg

こんにちは、ケアマネジャーです。認知症の進行がみられるご利用者を訪問した時のお話です。
「家にいる時に、ふとした瞬間に自分がどこにいるのか分からなくなる。そんな時はタンスの中の衣類を見て自分のものだと分かったり、表札を見て自分の家だとわかると安心する。」
自分の居場所を忘れたときのことを覚えておられるのですね。とても怖い体験だからでしょうか。

 認知症だからといって、全てが覚えられなくなる、分からなくなるのではありません。
 認知症がある、ないに関わらず、だれでも調子がよい時と悪い時があって、いつもは出来ていても、時々出来ないこともありますし、歳を重ねれば、覚えやすい事、覚えにくい事もありますよね。
 
 認知症では、ふとした時にわかならなくなる事が増えてきますが、見慣れたものであったり、書いてあったり、誰かが教えてくれたりすることで、思い出すスイッチが入ります。忘れることや分からなくなることを防ぐことは難しいですが、思い出すためのお手伝いなら周りの人にも助けてもらえそうですね。

 認知症になっても、暮らしは続きます。できることを続け、その人らしい生活が送れるように支援をしていきたいと思いました。

記事一覧へ戻る

© HEARTPIA SAKAI Co.Ltd. All rights reserved.