社会福祉法人 堺福祉会 ハートピア堺

デイサービス

 ハートピア堺では、1階2階のフロアに分かれて、介護の専門家が、それぞれに特色あるサービスを提供しています。
お一人暮らしの方の生活の見守り、身体的な介護の方法、対応が困難な認知症状についてもどうぞご相談ください。

1階:豊富な活動メニューにより、介護予防の方から常時の介護を必要とする方まで、それぞれの状態に応じたケアを提供します。
2階:認知症ケアを必要とする方にそれぞれの状態に応じたケアを提供します。学校の授業形式を取り入れたプログラムでメリハリのある過ごし方を提案します。

体験デイサービス

ハートピア堺のデイサービス

  • 私たち、ハートピア堺デイサービスセンターは、堺市堺区の特養併設型、定員65名の大規模デイサービスセンターです。数を聞くと、「そんなたくさんの人は苦手...」と遠慮作方もありますが、1階40名、2階(認知症対応)25名であり、少人数のグループごとのお席をご用意しています。また、好きな活動を選んでいただけるよう、介護予防から重度の介護を要する方まで、多用なプログラムを用意しています。
  • 特養併設型の良い点として、機械浴槽など重度の介護に対応した設備が整っていること、お食事が管理栄養士のたてた献立に基づき、施設内厨房で調理されていること、短期入所のご利用の際に、いつもの介護スタッフから直接、短期入所の介護スタッフに引き継がれるなど、たくさんあるのです。
  • そしてもちろん、デイサービスの介護スタッフは、介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員の資格はもちろん、特養での豊富な介護経験をもつスタッフが何人もおりますので、安心してケアをお任せください。
  • また、私達は、最後のときまで住み慣れた地域で暮らせるよう、介護の必要性を問わず独居または高齢世帯への支援と、認知症の方への専門的ケアに力を入れています。離れて暮らすご家族との連携、老々介護への見守り・・・ご自宅での生活をも配慮した支援を心がけています。特に認知症介護においては、パーソンセンタードケアの考え方を取り入れ、介護にあたっています。記憶力・集中力の低下を考慮し、寺小屋風の授業形式を用いた「学び舎」デイサービスを行っています。時には「学び舎」が「仕事場」になることもあります。
  • ハートピア堺では、1階2階のフロアに分かれて、介護の専門家が、それぞれに特色あるサービスを提供しています。お一人暮らしの方の生活の見守り、身体的な介護の方法、対応が困難な認知症状についてもどうぞご相談ください。

1階:豊富な活動メニューにより、介護予防の方から常時の介護を必要とする方まで、それぞれの状態に応じたケアを提供します。

2階:認知症ケアを必要とする方にそれぞれの状態に応じたケアを提供します。学校の授業形式を取り入れたプログラムでメリハリのある過ごし方を提案します。

送迎範囲やご利用曜日につきましてもご相談願います。
詳しくは、どうぞご見学・体験にお越しください。お電話をお待ちいたしております。

介護保険の申請をされていない方へ

申請からお手伝いします!

ケアマネジャーが決まっていない方へ

ハートピア堺のケアマネジャーが
プラン作成をいたします!

  • STEP1ご利用のお問い合わせ・ご相談

    ※担当のケアマネジャーがいない場合もご相談下さい。

  • STEP2ご本人・ご家族と契約します。

  • STEP3サービス担当者会議を開催し、
    利用の日時を決めます。

  • STEP4利用開始

ご本人が見学に来れない方へ

ハートピア堺のスタッフが、ご自宅にお伺いしてご説明いたします!

デイサービス BLOG

デイサービスの紹介

活動メニューを豊富に揃え、その日の気に入ったことをしていただいています。
活塾(学び)・お仕事・パソコン・手芸・工作・園芸・お料理・カラオケ・囲碁将棋・麻雀・おしゃべり・休憩 などなど
利用者様からの声をもとに、ご希望の活動メニューを準備し、どんどん増やしています。
また、大人数で楽しめるよう、季節にちなんだイベントも毎月開催しております。
ベルマーク運動などの社会貢献活動・お掃除や昼食の準備・写真部などの役割分担でご活躍下さい!

介護予防のプログラムの実施

要支援の利用者様には、「介護予防プログラム」を実施し、
身体能力の維持、身体機能低下予防を目指します。
また、半年に1回程度「体力テスト」を行い、日頃の成果をチェックします。

デイサービス 1日の流れ

1日の例

  • 機能訓練・女性入浴
  • 昼食準備・嚥下体操
  • 昼食
  • 機能訓練・男性入浴
  • アクティビティ
  • 水分補給
  • 送迎

学び舎デイサービスの紹介

 教室を作り、寺子屋形式のアクティビティに取り組んでいます。
“授業”というテーマを設定することで、物忘れのある方にもデイサービスに来る目的をわかりやすくし、
また、時間割を組むことでメリハリのある1日を過ごして頂いています。
認知症ケアを必要とする方にそれぞれの状態に応じたケアを提供します。
学校の授業形式を取り入れたプログラムでメリハリのある過ごし方を提案します。

1.お仕事・役割づくり

認知症かどうかには関わらず、ご利用者の得意なことに合わせて、担当して頂けるお仕事をお願いしています。
給食やお掃除などの当番を担っていただき、それぞれが役割を持って参加していただけるよう、工夫しています。

2.認知症ケアへの積極的な取り組み

ハートピア堺デイサービスセンターの2階では、主に認知症ケアを必要とする利用者様を対象としています。
認知症ケアの一環として、パーソンセンタードケアの取り組みと、「学び舎」デイ・「お仕事」デイを実施しています。

パーソンセンタードケアとは,認知症をもつ人を一人の“人”として尊重し,その人の視点や立場に立って理解し、ケアを行おうとする認知症ケアの考え方です。

3.「学び舎」デイの実施

ハートピア堺デイサービスセンターの2階では、教室を作り、寺子屋形式のアクティビティに取り組んでいます。
“授業”というテーマを設定することで、物忘れのある方にもデイサービスに来る目的をわかりやすくし、
また、時間割を組むことでメリハリのある1日を過ごして頂いています。興味のある授業のみ参加して頂けます。
午前・午後45分ずつの予定で、気分転換も自由です。また、給食やお掃除の当番も担っていただき、
それぞれが役割を持って参加していただけるよう、工夫しています。

授業 1週間の例

 
午前 国語算数 国語算数 国語算数 国語算数 国語算数
午後 社会(回想法) 社会(回想法) 家庭科技術 保険体育 書道音楽
  • 漢字や計算は各々のレベルに合わせています。
  • 社会や音楽では回想法を取り入れています。

※回想法とは、物忘れが見られても、 人生の歴史や思い出を話したり、共感する事で、心の核となる部分の再発見につながり、
改めて自尊心が持てるようになることをねらいとしたケア方法です。

学び舎デイサービス 1日の流れ

時間割の例

  • お茶・本日の予定確認
  • 朝礼・出欠確認
  • 授業(計算・漢字)
  • 昼食準備
  • 昼休み
  • 午後授業(音楽等)
  • 休憩・お茶
  • 帰宅

デイサービスでの機能訓練について

心身機能への働きかけや生活行為の活動をしていただきます!

リハビリ(個別機能訓練加算Ⅰ)

個別機能訓練加算(Ⅰ)は個別機能訓練計画に基づき、座る・立つ・歩く等ができるようになるといった
「心身機能」への働きかけを中心に行います。

  • 歩行訓練

  • セラバンド

  • 立ち上がり訓練

リハビリ(個別機能訓練加算Ⅱ)

 ご利用者が居宅や住み慣れた地域において可能な限り自立して暮らし続けることができるように、
個別機能訓練計画書に基づいて行います。

  • パソコンの習得

  • リモコンを使う

  • 入浴ができる

  • 囲碁を覚える

  • 4輪自転車

  • 自転車に乗る

①体の働きや精神の働きである『心身機能』
②ADL・IADL・家事、職業能力や屋外歩行といった生活行為全般である『活動』
③家庭や社会生活で役割を果たす事である『参加』
3つの「生活機能」にバランスよく働きかけていきます。

自転車は、株式会社MAX様より、4輪自転車、塩野自転車株式会社様より高齢者向け低重心自転車をご提供いただきました。
どなたでも試乗いただけます。

機能訓練について個別機能訓練Ⅰ加算対象・介護予防運動器機能向上訓練対象

機能訓練指導員が、皆様の心身の状態に合わせて、メニューを作成しています。お好きなメニューをお選びください♪

  • 誰でも参加!
  • ラジオ体操・NHKみんなの体操
  • いつまでも楽々ごっくん!パタカラ・嚥下体操
  • 平行棒や階段で歩行訓練・立位訓練
  • みんなで施設内外を楽しみながらウォーキング
  • 筋力UP マシーントレーニング
  • Wiiでゲーム式トレーニング
  • 関節可動域訓練
  • 工作☆手芸☆園芸☆ 作業訓練
  • ボランティアをしながらリハビリ
  • 大人の学習 読み書きそろばん

その他、言語・拘縮・廃用症候群等・認知症、ご相談ください。機能回復訓練はできませんが楽しみながらできることを一緒に考えましょう。

生活リハビリ(個別機能訓練Ⅱ加算対象)

生活機能の維持・向上を目的としています。

  • 買い物訓練(実際にコンビニへ買い物に行きます)
  • 家事訓練(家事室などで洗い物や、洗濯・掃除、IHや電子レンジの使い方を練習します。)
  • 排泄動作訓練(訓練室のベッドや施設のトイレを使い、ベッドサイドのポータブルトイレへの移乗やベッドからトイレまでの一連の動作を練習します。)
  • 服薬管理訓練(お薬カレンダーの作成から、服薬チェックまでの流れを一緒に練習します。)
  • 歩行器訓練(歩行器を使用し、施設玄関付近の緩やかな坂や小さな段差を利用し外出時を想定した練習を行います。)

・・・等々、ご本人の生活の状況に合わせて設定いたします。

他のデイサービスに通っているのですが...

2か所以上利用することもできますので、色々楽しみたい方やショートステイをお考えの方は是非ご検討ください。

© HEARTPIA SAKAI Co.Ltd. All rights reserved.